ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

手に職つけた、ひとりのセラピストのブログ。意識低い系。

自分の外見・コンプレックスで悩む人へ。見た目なんて関係ない!外見は健康状態の表れが全て。心身共に健康になろう

 私は30代の女性ですが、決して美人ではありません。ものすごく普通です。 

   でもよく可愛いとか綺麗とか言ってもらえます。 

   最近特によく言われるようになって、目ん玉腐ってんじゃねえか?と思う時もあったのですが、どうやら人の外見は、自分が気にするほど他人は気にしていないようなのです。

 

 今回は、容姿についての考察です。

 

f:id:mogemilk:20180304215734j:plain

 

美人、イケメンって一体何?

 よく芸能人などで容姿の綺麗な人に、「かっこいい!」「可愛い!」ときたま「エロい!」とかという感想を持ちますが(笑)

 一体何を持ってそのように思っているのでしょうか?

 自分の好みの理由って、ご存知ですか?

 

 好きなポイントは具体的に言えるのだと思います。「目がくっきりしているところがいい」「背が高いところがいい」「声がいい」・・・でも、なぜそのポイントが好きなのだろう?考えたことあります?

 

ちなみに私は、全くの面食わずです。

ブサイクとしか付き合ったことないかもしれません(過去の人たちゴメンなさい)

子供の頃は、KinKi Kidsの堂本光一さんが大好きだったのですが、それも小学校までで、芸能人から興味がそれてしまいました。いっとき玉木宏さんが好きだったことがあるのですが、理由が全くわかりません。なぜだろう。

今は興味がそれています。

 

さて、問題のなぜその人がいいのか?というところですが、分析してみると何かしらの理由はあるのでしょうが、結構どうでもいいことだったりします。

アイドルでは歌を歌う表情がカッコよかったからとか、役者では男性的な演技力が高かったからとか、現実味があんまりないところです。

 

・・・と、よ〜〜〜く考えてみると、仕草って結構大事ではありませんか?

 

男性が女性を好きになる時も、女っぽい仕草にキュンときたとか、女性は男性の頼りになるところを見て好きになったとか・・・。

顔って結構どうでもいいような気がする。

いやいや!私は顔が一番大事だ!顔が良くないと話にならない!!

という方もやっぱりおられるでしょう。

 

美人とイケメンの正体

以前、人の好きになるタイプについて検証した実験がありました。

無数の顔写真の中から、好みのタイプを複数の被験者に選んでもらうというものでしたが、だいたい選ばれる顔写真は決まっていて、その写真は、無数の顔写真の合成平均とそっくりだった、という結果が出たとか。

 

つまり、人は特に特徴のない平均的な顔を選ぶらしい。

そしてそれを美しい、と思うらしい。

 

美人・イケメンの顔を想像してみてください。多分、特別目が大きいわけでも、小さいわけでもなく、口が大きいわけでも小さいわけでもなく、長くもなく、丸くもなく、エラがあるわけでも、顎が大きいわけでもなく 、

「美人」「イケメン」としか表現できないような顔が出てくるのではないでしょうか。

 

美人・イケメンは平均値なんです。

だから美人を想像した時に、だいたいみんな同じようなイメージを思い浮かべます(例外はあるでしょうが)。

で、そんな美人やイケメンがものすごーく顔を歪めて股を開いて座って、タバコを吸いながら

あ〜〜マジやってらんねえ〜〜〜クソが

と言っていたら、多分美人とかイケメンではなくなりますよね。 イメージが。

 

何が言いたいかっていうと、顔の綺麗さは意外とどうでもいいということ。特に特徴のない顔の人は、かなりレアです。

だいたい何処かにホクロがあるとか、ニキビがあるとか、シワがあるとか、それぞれ特徴を持っています。それが人間というものです。

もしあなたが容姿を気にしているのなら、本人ほど周りは気にしていないことが多いです。

 

特に女性なんて流行りのメイクをするとみんな同じになりますからね。

私はAKBもEXILEもみんな同じに見える。好きな人に指摘されると、「あー、なるほど」とやっとわかるくらいで・・・。

というのもAKBにもEXILEにも興味がないからそこまで顔を一つ一つ見ていないんですね。アイドル・グループに限らず人が人を見るというのはそういうものです。

 

容姿で大切なこと

さて、でも外見に自信のない方はおられると思います。自信があってもイマイチモテないとか、いろいろ人は悩むものです。美人・イケメンはどうでもいいのですが、外見にはどうしても大切なことがあります。

それは、健康的であり、清潔感があること。人当たりが良いことです。

 

見た目でわかる健康度

例えば「太っている人が嫌い」という人が結構います。

 極端に太っている人というのは、病気のリスクを抱えている状態です。 不健康そのもの。太っていて、中年で、脂汗をいつもかいているオッサン・・・どうでしょう。

ああ!抱かれたい!とはあまり思えません。まあ好みはいろいろあるでしょうが。

ある程度、歳をとっていて、肥満であることは結構な病気のリスクです。生活習慣病などが問題視されています。これを本能的に察知して、「きもいな」と思う女性は多いと思います。だから極端な肥満の人は本当に痩せたほうがいい。

 

あるいは、極端に痩せている人、ガリガリで、顔も青白い・・。どうでしょうか?あんまり抱かれたいと思えません。男性はどうかしら?抱きたい?おっぱい、ないよ?

 

極端に痩せていることも病気になりやすいリスクになります。体力が無くて、免疫が落ちてしまうので、風邪を引きやすかったり、重症化しやすかったりします。栄養失調自体も、病気の原因になります。

 

また、肌の調子も本能的に健康度を測るポイントです。人間の肌は、動物で言うところの毛並み。荒れていると感染症や食生活の乱れ、あるいは他の問題を持っていると認識することができます。見る方も、見られる方も、気にする方の多いポイントです。アトピーやニキビで悩まれる方はとても苦労されるようです。

 

清潔感というのもとても大切です。不潔な人は病原菌を持っていることがありますので、普通の清潔を維持することはとても大事。男女ともに「不潔な人が好き」という人はかなり珍しいのではないでしょうか。

 

一見容姿と関係ありませんが、人当たりがいい人というのは、コミュニケーション能力を持っています。

人と話す時に笑顔を出せる人だと思うのですが、こちらは社会的合成の判断になります。

ヒトは群れて生活する生物です。他のヒトとうまくコミュニケーションを取れないと、生きることに支障をきたします。

もちろん現代では他人と関わら無くても生きていける方法がありますが、男女が子供をつくり、育てるまでにコミュニケーションが取れないというのはかなりの困難が予想できます。

 

さらに、人当たりがよく、笑顔を作れる人は、精神面での健康が期待できます。落ち込んだり、病気だったりすると、表情も暗くなりがちです。表情の明るい人はそれだけで人に好かれますが、健康的、魅力的と解釈することができますね。

と、他人は普通のことを相手に求めています。

 

決して顔が綺麗ということでは無くて、最低限のマナーや健康維持能力、当たり前のことができる人が、他人にモテる人なのではないかな、と思います。

 

普通が一番なのだけれど

さて、普通が一番、なのですが、普通って想像できますか?普通の人。普通の人ってどんなだ!?

私か!?

いや、でも、

私はちょっと変わった脳みそを持っているし、 変なことを考えたり、ブログなんてやっちゃってるし・・・

 普通の人なんていないんですよ。

  

 この人が平均値の人です!このような顔立ちで、身長は165㎝、体重はBMI基準と同じ59,9kg、職業は一般会社員、年収は380万円です!酒・タバコ・ギャンブルはやりません!好き嫌いもありません!趣味は読書とランニング、週休2日で家族を大切にしています!

 

そんなやつおるかあああああああ!!!!!

だいたいそういう人って変な趣味があるとか、とか、人に知られないところで変わった趣味を持っているでしょ?っていうのは言い過ぎにしても、個性って誰にでもあるんですよね。だって人間はクローンじゃないから。

甘いものが好きな人もいれば、辛いものが好きな人もいる。どっちも好きな人もいる。平均なんて取れないんですよ。

 

だからねえ

もし、容姿で気になってしょうがない、

コンプレックスだ〜〜と思うようなことがあるのなら、むしろそれは個性なのだから存在を喜んだほうがいい。何かに利用したほうがいい。

 

ブロガーさんで、ニキビがコンプレックスで長年悩み、軽減するためにいろいろな化粧品を試してそれをブログにアップしていった結果、月収100万超えした人がいましたよ。

私の友人はアトピーに長年悩んできたものの、オーガニック食品やストレスフリーな生活に目覚めて、会社をやめて今人生を謳歌している人がいる。

 

ダイエットする人なんてすごいでしょ。ダイエットモデル。結果にコミットする会員制ジムのコマーシャルなんて 

うおおおすげえええ

って感動しますよね。

 私だって大して美人でもないのに顔が面白いなあって気づいちゃったから最近アクセス数が2倍に増えたんですよ。

 

関係ないか。

 

明日からモテる3つのコツ

ものすごく悩んでいる人には申し訳ない表現なのですが、生まれ持ってきた容姿で悩むのは時間の無駄です。

改善できるところは改善し、どうしてもその個性を好きになれないのなら、確実に改善できる方法を考えるべきです。

まず先に、自分は健康か?十分な食生活を摂れているか?睡眠は?ストレスをためていないか?考えて、もし出来ていなかったら、生活を整えてください。

 

 次に、清潔な髪型をしているか?服装はどうか?人前で恥ずかしい格好でないだろうか?を考えます。ブランド服やおしゃれなものを買い集める必要はありません。清潔感があり、普通の服装であることです(ユニクロで十分すぎます)。

 

そして表情はどうでしょうか。いつも下を見て、おどおどと戸惑っていませんか?人見知りはしょうがないですが、挨拶はきちんとできるように訓練すべきです。誰もたくさん話してもらおうとは思っていません。普通に、挨拶ができれば良い。

 

性格や身体上の特徴で個性を持っているのですから、服装なんて普通で良い。マネキンの真似で良いわけです。

 

そして最後に、自分のコンプレックスを考える。

自分自身が認めてあげるのが一番良い方法ですが、認められなければ、変えれば良い。

自分の力でどうしようもないことで悩まない。認めてあげる。それが無理なら、変えてしまう。

本当に嫌なら、ダイエットも、美容外科も、エステも、コミットジムも、自分でできることをやるはずです。

 

それができないのなら、悩みたいだけ、かわいそうな自分ごっこをしたいだけ。

 

ちなみに私はコンプレックスの塊子ちゃんでしたが、長年改善して、なかなか自分のことが好きになりました。

結構大好きで、最近はPCのデスクトップ画像もスマホの待機画面も自分の顔写真です。

 まあ私も長らくかわいそうな自分ごっこしていましたけどね。アホらしくなった。

 

 

まずは自分が、自分を認めてあげる。何かできることから。悩むのは苦しいだけです。適当なところで切り上げて、何か一つ、行動を起こすことをおすすめします。

 

 

保存保存