ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

足背の腫脹+発熱が痛風だった話

  先日来た外来患者さんのこと。

 

 

  毎日、外来リハ室に通っている方なんですけれど

  (うちの外来リハはほぼマッサージ屋です。毎度ありがとうございます

 

 

  「足が痛い」と仰るので拝見したら右足の中足骨底の部分にこんもりと腫脹がありました。

 

 

  あまりに立派なたんこぶで、触ると熱感著明。炎症兆候がわかりやすい感じ。

 

 

  発熱もあったそうで、ドクター受診されていました。

 

 

  ドクター診察後、「血液検査した」と言い出したので

 

 

  え?まさか高尿酸血症?

 

 

  と思ったんですけど

 

 

  学校で習った痛風って・・・

 

 

  拇指MPJのとこが腫れるんだよねえ?

 

 

  (足の指は趾って書く人いますけどめんどくさいので指でいいよね)

 

 

  まあ、そうとも限らないけど、だいたい拇指MPJだよーみたいに習っていたので・・・

 

 

  リハ室で「まさかねー!」って言ってたら

 

 

  やっぱり痛風系の陽性だったそうです。

 

 

  最初の診察に来た時に、あまりに炎症著明だったので、原因はどうあれアイシングしてみたんです。

 

 

  アイシングって怪我とかだと思ってたんですけど

 

 

  あまりにきれいに腫脹してるので実はどこかでつまづいたんじゃないのー?って思って(患者さんによく嘘つかれるんで疑ってしまう)

 

 

  まあどっちにしろこりゃ冷やしたほうがいいだろうと思ったんですね。

 

 

  帰宅後も自宅でも冷やしたそうです。

 

 

  それが良かったのか、関係ないのかはわかりませんが翌日には明らかに腫れが引き軽減されていました。

 

 

  発熱も弱まったそうです。

 

 

 

 

 

 

  アイシング、大事。

 

 

  そして

 

 

  痛風、思ったのと違った・・・。

 

 

 

 

 

 

 

  思い込みってほんと良くないな。

 

 

  勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

  おわり