ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

胸にしこりがあるので検査に行ってみた話【乳腺外科】

女性の30代というと身体のことが色々心配になってきます。

 

今に始まった話ではないのですが、私は子供の時から胸にしこりがありました。

 

胸のしこりというと、疑われるのが乳がんです。

 

でも胸がふくらんできてからずっとあるので、がんにしては変だなーと、そのままにしていました(驚)

 

結果的にがんでは無かったのですが、色々勉強になったので胸の検診についてまとめます。

 

 

f:id:mogemilk:20180703154255j:plain

 

 

胸のしこりって一体何

仕事がら、様々な患者さんに接する機会が非常に多い私ですが、乳がん経験のある患者さんも、たくさんおられます。

 

みなさん治療を終えて元気に暮らしていらしてますが、

 

女性の乳がんはテレビなどで見ることも多く、有名です。

 

自己検診で発覚し、治療、という芸能人の方はよく聞きます。

 

胸を定期的に触ってみて、しこりがあるようなら病院で精密検査に行きましょう、というのはどなたもご存知ではないでしょうか。

 

乳房は柔らかい脂肪組織で出来ているので、異物があれば触ってわかることができます。

 

それは高校生の時から知っていたのですが

 

高校生の時、すでに私の乳房にはしこりがあったと思います。

 

私の胸のしこり

左右の胸を触ると、奥に何か触れるものがあります。

 

よく動き、あまり硬くなく、月経周期で胸が張ってくると痛みを伴う気がします。

 

(胸のどこが痛いのかはよくわからなかったです。しこりが痛いというわけではないのかもしれないなあと思っていました。)

 

大きさはバラバラで、基本的には全部小さい気がしました。

 

が、20代後半になった時から、右の胸のさらに右上の部分のしこりだけ、大きくなってきました。

 

怖かったのですが、26歳頃、エコー検査を受けた時に異常無しだったので、それ以来放っておいていました。

 

が、28歳くらいから胸が張ってくると明らかにその部分だけ飛び出ているような状態に見えるほど大きくなりました。

 

結構怖かったですが、エコー検査に異常が無かったこと、生理周期含め、ほかに体調異常が全く無かったのでとりあえず放っておきました・・・ 

 

これはさすがに反省。

 

 

マジで

良い子は

マネしないで下さい。

 

胸のしこりを調べてみた

さて、転職して病院に就職し、自分の健康もしっかりせねばなあと思い始め・・・

 

先日、やっと胸を調べる気になりました。

 

ほんと、反省。

 

といっても胸を調べることをあまりやったことがなくて

 

どこの病院に行ったらいいのかすらわかりませんでした。

 

女性の乳房を調べるのは、普通の病院では出来ません。

 

乳腺外科という専門の病院施設に外来でかかる必要があります。

 

婦人科などから紹介されて行く方も多いのですが、乳腺外科で調べてみて、一度電話をして予約を取ると良いようです。

 

私は知らなかったので近所の婦人科へ行き、受付の方に乳腺外科を紹介されました。

 

これだけ有名になっている乳がんですが、専門の医療機関が少ないというのは驚きでした。

 

 

さて、紹介された乳腺外科では問診票を記入後、問答無用でマンモグラフィとエコー検査が即座に行われました。

 

胸の検査

乳腺の検査は即座に行なっているのはマンモグラフィとエコーの2種類の検査のようです。

 

マンモグラフィは乳房専用のレントゲンで、乳房を機械に挟み込む形で撮影します。

 

これを痛がる人が結構多いそうなのですが、私は全く痛くありませんでした。

 

ただでさえ少ないおっぱいを固定されてしまうので、体勢がきつかったけど。

 

巨乳の人は楽なんだろうなあ。

 

エコーは超音波の検査です。

 

ジェルをつけて、機械のヘッド部分を胸に当てて、中身を調べます。

 

個人的にはこのエコー検査が本当に嫌いです。

 

ジェルはぬるぬる、機械はゴツゴツしていてすごく気持ち悪いです・・・。

 

まあ検査なので、しょうがない。

 

 

 

 

検査や診察を待っている時は結構不安だったのですが、検査技師や看護師さんなど、スタッフが全て女性で、声をかけてくれたので少し安心しました。

 

先生ももちろん女性 

 

そして出た結果は、乳腺のう胞という病気だったそうです。 

 

乳腺のう胞

病気といっても乳腺のう胞は放っておいても問題ないそう。

 

というのも、女性の乳房の中には、乳腺というおっぱいを作る器官が入っています。

 

この器官から、外に向けて通路があり、乳頭(ちくび)から、必要な時にはおっぱいが出るというしくみになっています。

 

この通路がなんらかの理由で詰まってしまうと、中で水が溜まってしこりのように膨らんでしまうことがあるそうです。

 

私は左右の乳房どちらもつまりがあって、水がたまって水風船のようになっていました。

 

が、格別大きいのが右側にあり、胸が張ってくると圧迫されて痛くなっていたようです。

 

放っておいても問題ないそうなのですが、注射針で水を抜くことができるということなので、やってもらいました。

 

エコーで針の位置を見ながら、先生が注射で水を抜いてくれましたが・・・

 

結構痛かったです^^^;;;

 

すぐに終わるので、我慢できる程度ではありましたが・・・

 

体感的には筋肉注射くらい痛かったです。

 

入っていた量は結構あったそうで、抜いてはい終わり、というわけにもいかないので生検(悪いものが入ってないか、顕微鏡などでしらべる検査)に出してもらいました。

 

今週結果を聞きにいきますが、とりあえず現段階では怪しいものが無かったのでホッとしています。

 

どうでもいいけど100cc以上たまっていたそうなので、その分おっぱいが小さくなりました^^;

 

 

 

 

 

乳腺外科は女性専用の病院ということで、スタッフが全て女性であり、皆さん患者さんの不安を軽減するように声をかけて下さったので安心することができました。

 

病院は何だか怖いところ、というイメージがありますが、女性専用の病院は、優しさに満ちていたなあという感想です。

  

 

*医療については法律で広告規制が厳しくあり、今回お世話になった病院を紹介することは出来ません。ご了承下さい。

 

 

今後については、しこりが常にある状態なので、自己検診が出来ないため、定期的に胸の検査に行かなければいけないかなーという状態です。

 

乳がんは女性ホルモンに関与するそうなので、体調を見つつ、検査受けつつ、無理のないように生活していこうと思っています。

 

めんどくさがらずに検査を

何を思ったか10年以上放置していたものを今になって急に調べました。

 

まあ多分違うだろ〜と思っていたので放置していたわけですが

 

当たり前ですけど、

素人判断は絶対ダメ

です。

 

人に話すと「ホントバカだね」と言われてしまいそうですが・・・

 

ぶっちゃけ病院が怖いってのもあったと思いますよ^^;;

 

今は自分も病院勤務ということで、不安も落ち着いて冷静に検査に行けましたが

 

胸のしこりって普通に怖いじゃん^^^;;;

 

でも、何事も後回しにするとろくなことがありません。

 

何か変だな?と思ったら、検査を受けて安心しましょう。

 

 

放置のところ、

本当に

良い子はマネしないでね!!!

 

 

どちら様も、お大事に(^^)