ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

手に職つけた、ひとりのセラピストのブログ。意識低い系。

【鍼灸師向け】みんなが持っている「名医の妄想」について

「名医の妄想」というものがあります。

認知症患者の接し方について勉強していたときに知った言葉です。

一般病棟の認知症患者「こんなときどうする?」

看護師さんは医師と密に接するので医師とのトラブルにも遭遇します。

言いたいことがうまく伝わらないと悩む機会もあるようです。

私の職場でも看護師さんと話していたときに、「〜〜病院の医師はひどかった」などと医師について否定的な意見を聞いたこともあります。

 

私は医師が好きなので付き合ってみたことがあったのですが(笑)、考えが本当に合わなくてすぐに別れてしまいました。

www.tenishoku-serapisuto.net

 

この本の著者によると全ての医師は自分が名医だという「名医の妄想」を持っているそう。

名医であろう、よい治療をしよう、患者を救おうとする意思が強い人たちなのでいつの間にかその初心が「自分は名医である」という妄想になってしまうようです。

 

日本の医師はとても真面目で、勉強熱心です。

程度はいろいろですが社会的に自立している医師たちは実際に名医なのだと私は思います。

ただそれは時と場合による。

全てのシチュエーションにおいて、名医であり続けることはなかなか難しいと思います。

どんなに名医でも失敗することはある。それは医療的なテクニックだけではありません。

人とのコミュニケーションで、人はときに誤ります。

 

名医の妄想は医師だけでなく全てのプロフェッショナル職業に共通すると思います。

 

自分は素晴らしいプロフェッショナルであるという妄想を、人はいつの間にか持ってしまうのです。

 

 

誇大妄想を持ってしまうのは自信を持っている人たちです。

自信があると「自分なら失敗するわけがない、自分が間違っているわけがない」と思い込んでしまいます。

その危うさは誰もが分かっているはずですが、人はいつも冷静でい続けることはできません。

コンピューターではないのです。

いつも自分にとって正しいことを選択していると、自分は正しくて人は間違っているという歪んだ思い込みが形成されてしまいます。

これは正しあろうと熱心に努力する真面目な人ほど陥りやすい落とし穴です。

 

 

 

実は私もそうでした。

 

私は学生のときに「鍼灸は医療なのだから、医療を見なければいけない!」と思い込みました。

病院で働き、一生懸命勉強し、自分なりにはよい成績を収めました。

鍼灸は人の役に立つものだから、もっと世間に広めるためにはどうしたらいいんだろう?

と真面目に考えて行動したこともあります。

在学中は一生懸命でした。

 

しかし実際には私は間違っていました。

「鍼灸は医療である」という認識が微妙に間違っていたと思います。

鍼灸は確かに医療ではありますが、あくまで代替医療であって日本の病院に導入できるか?というと難しい問題があります。

 

というのも、鍼灸が適応できる患者は高いレベルを持った人たちです。

そのため鍼灸の先進国である中国ですら、外来診療でしか行っていません。

入院病棟から鍼灸治療を受けさせたい場合はカンファレンスや主治医判断の後に他科受診として鍼灸外来に患者が来ていました。

 

鍼灸は確かに効果が絶大な代替医療なのですが、患者の生命力に左右されてしまうというデメリットがあります。

患者の力に関係なく処置ができる日本の病院の医療とは少し方向性が違うのです。

もちろんどの現場でも(救命でも末期でも)最終的に予後を左右するのはその患者の生命力です。

しかしそれらの現場は生死が存在するような究極の、末端の医療現場です。

鍼灸は末端の医療現場にあるレベルの人には接しません。

接しようがありません。

そのため病院の中に治療施設がなくてもよいので、コスト的にも文化的にも日本の病院の中には鍼灸外来がないところがほとんどであります。

 

鍼灸をやりたい学生ならば、病院ではなく治療院で働くべきでした。

それは薄々思っていたのに、なぜ病院で働いたかというと、私は最初から鍼灸に興味があったわけではなく、私自身のできることを模索していたためだと思います。

私はマッサージ師になるために進学し、途中で鍼灸に興味が湧いて勉強したという経緯があります。

そもそも鍼灸師になりたいという志がなかったため、目的を見失ってしまいました。

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

私は名医の妄想のようなものを持ってしまっていたのだと思います。

今は目が覚めて、自分の方向を認識できていると感じます。

 

 

人は道を見失うときがあります。

私は「自分は迷走している気がする」という自覚があったのに、自分の道を見つけ出すまでに1年以上の時間をかけてしまいました。

自分の道を見つけるのは本当に難しいと思います。

 

「自分探しの旅をする」という人がいます。

海外を放浪して自分を見つけて帰ってくるのでしょうか。

私の自分探しの旅は、旅行ではありませんでした。

 

思いつくことをやる、頼まれたことをやる、一生懸命やる、一生懸命悩む。落ち込む。遊ぶ。食べる。寝る・・・

 

生きる上でやっていること全てが自分探しだと思います。

 

名医の妄想は誰もがすでに持っています。

その自信は、代償的に名医の妄想になってしまうのです。

名医の妄想から抜け出すには、一生懸命生きるほかないのかもしれません。