ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

手に職つけた、ひとりのセラピストのブログ。意識低い系。

ブログを続けるにはPVを見ない方がいいと思う。今日、読んでくれた一人の人に感謝する。

ブログを2年やっていると言うとなぜ続けられるの?と驚かれることがある。

ほとんどのブログが1年以内に更新をやめていくからだ。

なぜ続くかというと、単純にブログが好きだから。読んでもらえて嬉しいから。

たくさんの人に読んでもらうことは難しいけど、今日、ブログを読んでくれた一人の人に感謝することはできる。

ひとりの読者がいるから、私はブログを書けるのだ。

f:id:mogemilk:20180926170645j:plain

ブログを書き続けて2年以上が経つ。

大体のブログが1年以内に更新を止めることから私はある関門を突破したと言える。

「なぜ書けるの?」

「なぜ更新できるの?」

「書くことに困らないの?」

ブログを書いていますというと、続かない人が多いのでこのような質問をされる事が多い。

書くことに困ったことはほとんどない。

もちろん書きたくないときもあるし、書けないときもある。でも何も書くことがないと悩んだことはこの2年で一度もない。

 

はてなブログは有名なブログサービスなので始める人が多い。

読者になったり、なってもらったりするが、2年やっていると最初に交流のあった90%以上の人が更新しなくなっている。

続けていると後々同じくらい続けている人や、私よりももっと長い年数やっている人を発見してくる。

しかし全体に比較して少なすぎるのだ。

みんななぜ続かないのだろう。

更新されなくなった読者登録を消すのは、とても切ないし、さみしい。

 

私はなぜブログを続けられるのか。

それはブログが好きだからの一言で終わる。

書くのはもちろん好きだが、読むのも好きだ。

長く続いているブロガーはほぼブログが好きでやっている。

もちろん職として利益を追求したブログもあるが、そういうものは読んでいても面白くないし書いてもつまらない。

私も色々試したが、利益を出そうとするとどうしても競争を感じてしまうのでやっていられなくなる。

ブログは確かにお金を稼ぐことができる。

それでひと月に数百万円も稼ぐ人が実際にいるのだ。

でも金を稼ぐためにブログ運営をするのは、金が好きな人じゃないとできない。

普通の人でも手っ取り早く金を稼ぐ方法はあるので、ブログという湾曲したツールでわざわざ稼がなくても良いのではと思う。

もちろんいつかブログで食えればとは思うが、今の私の能力では無理なのだ。

ブログは誰でも始められるのでライバルが多すぎる。

金のためにやるのは心が折れやすいので、書くことを純粋に楽しむ目的でやった方が私に合っていると思った。

 

今の時代、それなりの専門家なら結構簡単に書籍を出すことができる。

でも本屋に置かれる本には文章のルールが厳しい。

それなりの文章力と充実した内容がなければ赤字になってしまう。

単純に書籍の文章を書くのは難しいし、普通の人には敷居が高い。

 

一方でブログは誰でもできる。

どんなに下手でも、どんなに知識がなくてもできてしまう。

公開していれば誰かが見てくれることもあり、レスポンスも帰ってくる。

簡単に、誰でも文章を書くことを楽しめるのだ。

これがいい。

私は特別に国語を勉強したことがない。義務教育のなかのみである。

文章を書いたことも宿題の作文くらいで、今まで一度もなかった。

だから私の文章は幼稚だし、ものすごく気をつけてはいるけれど科学的な記事はたまに間違っていることがある。

発見したら訂正しているが、書籍を出している専門家のように絶対的な自信はない。

科学はそもそも時代によって更新されるし、見方によって正しさが揺らいだりする。

だから私はこのような感じでいいのではないかと思う。

  

単純に文章に触れること、新しい知識を得ること、難しい問題につまづくこと、できなかったことができるようになることが好きなのである。

文章に関するプロセスそのものが好きなのだ。

 

追求するとどこまでもやらなくてはいけない。

私も専門家の端くれではあるが、とてもじゃないが知識が足りていない。

足りない知識で文章を発信するのは恥ずかしいと思うこともある。

でも書かないと上手くならないし、やらなければいつまで経っても変わらない。

できなくてもとりあえずやってみる。

それしかないのだ。

 

ブログはできなくてもやれるツールだ。

簡単である。

うまいとか下手とかはどうでもいい。

 

今までPVやアフィリエイトをとても気にしていた。

そのために始めたので、2年間本当にうまういかずにもがいてきた。

でも2年経った今、PVはもう私の興味の外にある。

 

PVを追うと、挫けやすくなる。

何度も挫けた。

 

私のブログは、見たい人が見ればいい。

少なくても、見てくれる人がいるのがとても嬉しい。

人数ではないんだと思う。

もちろんたくさんの人に見てもらったら、もっともっと嬉しいけど、今の私にはとても難しくて心が挫けてしまったのだ。

たくさんの人に見てもらうために苦しむよりは、今日この記事を見てくれた、たった一人の人に感謝したい。

高額収入を目指して心が折れてしまうより、たまに必要な人が買っていくことを喜びたい。

もう嫌なことは考えたくないんだよ。 

はてなブログ Perfect GuideBook

ブログを続けるのは何を目指すかでやり方が違う。

心持ちも違う。

天才はショートカットで一気に売れていくけど、普通の人は純粋に書くこと、今日見てくれた一人の人を喜ぶことを楽しんでいった方がいいと思う。

ブログは楽しい。

国語なんかできなくたって、誰にでもできる。

文章が好きな人は、ぜひやって欲しいと思う。