ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

手に職つけた、ひとりのセラピストのブログ。意識低い系。

うまくいかないのは頑張りすぎている。始めることよりも止めることの方が大事だと思う

私はやりたいと思えば始めることができる。

やらないのはやりたくないからだ。

色んな仕事をしたし、色んな人に会いに行った。

行動力は訓練で身につく。

なんでもとりあえずやってみれば、始めること自体はとても簡単だ。

f:id:mogemilk:20181011221937j:plain

私には止めることの方がとても難しい。

せっかく始めたのに

ここまで来たのに

次はまた最初からやりなおしだ…

色んな言い訳をつくって、もうやりたくないと思っても続けてしまう。

 

例えば会社。

私は会社を体か心を壊すまでやってしまう。

止めることがみっともない、恥ずかしいと思ってるんだ。

長く続けないとカッコ悪いと思う。

今でも思う。

でもそんなのはタテマエとか見栄の問題で、自分が選んだのならそれが正しい。

心に嘘をついて続けてしまいがちだ。

f:id:mogemilk:20181008131149j:plain

例えば結婚生活。

仕事と全く同じで、止めたらカッコ悪いと思った。

諦める自分は情けない、みんな我慢して頑張っているのに。

みんななんて関係ないんだよね。

結婚は、幸せになるためにするものだと思う。

私は以前やっていたが、幸せとはかけ離れた生活を10年もやってしまった。

相手もあることだから、うまくいかないケースだってあるんだよ。

早く止めれば良かったのに。

でも諦めずに頑張ったのは、評価している。

f:id:mogemilk:20180430143831j:plain

今日は婚活を止めた。

結婚相談所に登録して、お見合いしていたんだけど、本当に嫌だった。

全然ワクワクなんてしなかった。

知らない人と結婚を前提に会うんだから、そりゃあいい気分じゃない。

ダレ?

って思いながら仲良しごっこをしてしまった。

お見合いを好きな人は好きみたいだけど

異性をスペックで見たり選んだり

同時に色んな人とデートするのは、私は結婚への近道だとは思わなかった。

変だと思う。

 

 

そうは言っても、お見合いをしていたので関係の続いている人がちょっぴり残っている。

とてもステキな人がいるけど、彼は彼でお見合いしたり都合のいい女性を選ばないといけないから、私は関与できない。

 

また会ってくれるみたいだから、それは素直に嬉しい。

f:id:mogemilk:20180430144137j:plain

結婚相談所を止めますと彼に言ったら、「婚活は止めないよね?」って言われた。

 

だから

「私はあなたが会ってくれれば別にそれでいいので、お見合いは止めることにしたんです」

「私の個人的な状況なので気にしないで下さい」

って言った。

 

なんかすごく気持ちいい。

言いたいこと言ってやった感じ。

やったどー!

って感じ。

 

 

自分の心に素直に言動するのはこんなに気持ちがいいんだね。

 

 

彼はどうなるかわからない。

彼には彼の都合がある。

またいなくなるかもしれない。

でもそしたら、また探せばいいだけの話だ。

 

シンプルに行動すると、すごく楽。

余計な心配がない。

 

 

考えすぎで止めることができなくなっていた。

でも止めるのって本当はすごく簡単なんだよ。

それを難しくしていたのは、自分自身。

世間体を気にして、何かになろうとしていた。

誰も私のことなんて気にしていないのに。

みんな自分の生活で精一杯だ。

私があれを止めた!これを始めた!なんて、他人にとっては死ぬほどどうでもいい話。

 

バカだったなー

じぶん

 

 

えへへ