ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

手に職つけた、ひとりのセラピストのブログ。意識低い系。

医療職はしっかり選ぶとめちゃくちゃ楽!業種転換して医療職に来ると仕事が簡単な話

医療職、特に保険適用の医療は仕事が簡単だと思う。

もちろん技術系とか夜勤で目も回るほど忙しいとかそういう仕事もあるけれど

医療職は簡単な仕事を選ぶことができる。

これは大発見だった。 

 

合う仕事が見つからなかった。私が今までやって来た仕事の数々

私は業種転換して保険治療のマッサージ師になった。

資格を取るために進学したのは30歳の時だ。

それまでは実に様々な仕事を経験した。

 

居酒屋の大手チェーン企業

ワインショップ

料亭

コールセンター

飛び込み営業

チャットオペレータ

ティッシュ配り

パン屋

キャバクラ

リラクゼーションサロン

FX

アフィリエイト

フリーライター

ポイントサイト

 

ざっとこんな感じだ。

稼げた稼げなかったは色々あるけど、色んなことをした。

 

鬼の営業?人生で一番厳しかった会社

色々やってきた中で、人生で最も厳しい会社だったのは、某有名企業のコールセンター業務だった。

コールセンターというと大まかに受信業務(インバウンド)と送信業務(アウトバウンド)に分かれる。

受信業務はお問い合わせセンターなどでお客様の質問に答えたり、手続きをしてあげる仕事だ。

コールセンターの仕事は適正があり普通の人にはとても難しい仕事なのだが、受信は比較的簡単な仕事である。

 

より難しいのは送信業務だ。

 

送信はいきなり見ず知らずの人の家に電話をかけて、何かを買わせたりする。

今思い出しても恐ろしい仕事だった。

 

私のコールセンターはそんなモノを売る仕事だったのだが、知る人ぞ知る悪名のある会社で、お客様に

「あんた、自分の会社が何したか知ってるの?」

と言われることがあった。

 

いや、知りませんけど…^^;

 

お客様には散々に言われる。

上司には数字が悪いと怒られる。

地獄のようなオフィスだった。

 

みんなに怒られボコボコにされていたのですっかりめげてしまって3ヶ月で辞めた。

しかし今まで知らないで済んでいたオフィスマナーを学べたり、大企業の組織図や上下関係が見れたりしたのは良かった。

電話の話し方というのも実は特殊で、マナーを知っている人は意外と少ない。

声も電話専用に変えなければいけなかったり、発話も気をつけなければいけないので

本当に勉強になった。

やって良かったと思う。

二度とやりたくないけど。

 

 

会社は利益を出すために数字を追いかける。

数字を出せる人が正義だ。

どんなに横柄でも、意地悪でも、数字を出す人は重宝されるのだ。

そんな成績を残す人はごく少数。

何の才能もない、なんかちょっとやってみようかなーくらいで始めた私の成績は、どこへ行っても下から数えた方が早い。

 

私は

金を稼ぐ才能が無い

という確信を持っているが、それは営業系の成績が根拠になっている。

f:id:mogemilk:20180304215302j:plain

営業販売が苦手な人は無理してやらないほうがいい!もっと楽に稼げる仕事を 

でも日本は優しくできていて

金を稼ぐ能の無い人でもなんとか生きられるように作ってある。

直接売ることが出来ないなら、売るのはだれか他の人に任せて、自分は作ればいい。

あるいは、サービスを提供すればいい。

 

売る能の無い私はサービス業とか接客業が長く続く仕事なのであった。

 

 

今、マッサージ師として保険治療をしているが

今までの経験から、こんなに楽な仕事は無いと思う。

営業は違う人がやるので

私はマッサージすれば良いのだ。

 

リラクゼーションで指名を取るのに疲れてしまった人は、国家資格を取って訪問マッサージやった方がすごく楽だと思う。

f:id:mogemilk:20180223190820j:plain

患者さんの管理をちゃんとしていれば、とくに失敗することも少ないし

誰かに怒られることもないし

時間通りに行けば良いだけで…

 

 

地獄のコールセンターとか、血へどまみれの営業職とか

なぜあんな思いをしたのか…

笑えてくる。

 

地獄のコールセンターはマッサージ業界の人に見せたいくらい。

あそこで3ヶ月命を守った私を賞賛して欲しい。

みんな経験したら、何で私が今の私になったかよく分かると思うんだ。

あ、別に私の成分構成なんて興味ないか。

 

 

世の中には色んなキツい仕事があった。

もう業種転換はしたくない。

一生マッサージで暮らして行きたい。

 

 

 

ここは…

天国です。