ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

手に職つけた、ひとりのセラピストのブログ。意識低い系。

転職をしまくった私が思うマッサージ師の仕事の良いところまとめ。これからマッサージ業をする人はよく読むべし

今更なのですがマッサージ師の仕事の良いところと悪いところをまとめます。

総合的には私はこれ以上楽な仕事はないと思っています。

マッサージ師の仕事は超簡単です。

私は医療マッサージをしているのでこれから国家資格を取る人、進学しようか考えている人は参考にしてください。

マッサージ師にも国家資格がある人とない人がいます。

マッサージの国家資格は「あん摩マッサージ指圧師国家資格」と言い、これは医療職に属します。保険適用業務などは国家資格がないとできません。

 

いろんな仕事を経験してきた私は、あん摩マッサージ指圧師の仕事はめちゃくちゃ簡単だと思いました。

f:id:mogemilk:20180223190820j:plain

あん摩マッサージ指圧師国家試験は合格率が高い

日本の医療職には様々な国家資格がありますが、専門学校で3年で学べるもの、大学に行かないと学べないものとあります。

難易度を考えると専門学校が一番ラクですが、マッサージ師の専門学校はその中でも勉強が簡単です。

 

国家試験の合格率で言うと看護師よりも低いのですが、勉強自体はそれほど苦労することはありません。

ただしこれは学校によるようです。

 

私の学校はほとんどの人が合格していましたが、友人の学校はほとんどの人が落ちたそうです。

 

専門学校の選び方で国家試験の合格の難易度が変わってくるようです。

この辺の話はちょっとそれるので記事を分けようと思います。おわり。

f:id:mogemilk:20180306102638j:plain

あん摩マッサージ指圧師の仕事が簡単な理由。業務内容がマッサージしかない

医療職の中で最も人数が多いのは看護師です。

看護業務は範囲が広く、薬剤の提供から医療者連携、患者の心のケアなどやることと考えることがたくさんありすぎます。

その分お給料が高いのですが、夜勤があったり人間関係があったりと仕事としてとても大変だと思います。

 

一方でマッサージ師は働く現場の多くが訪問マッサージです。

自分で患者さんの家に行き、マッサージをして、次の家。

この繰り返しで、同意書の手続きやケアマネージャーなどへの説明などは他の人の仕事です。

 

移動が車だったり自転車だったり徒歩だったりと、ちょっと面倒な部分はありますが、仕事はマッサージとその報告書だけです。

一人で移動して仕事をするので人間関係もほとんどありません。

 

私はトラックの運転手とかタクシードライバーに仕事が似ていると思います(笑)

でも運転専門の彼らに比べると夜勤がないし残業もないので

 

 

めちゃくちゃ・・・

 

 

めちゃくちゃラクだと思います。

 

 

マッサージ師が働く現場には店舗もあり、こちらはお店で他のスタッフと働くために多少の人間関係が発生します。

しかしマッサージ師は個人主義思考の人が多く、他人に干渉する気が業界全体にあまりありません。

会社の中には熱血的に指導したいところもあるようですが、それは求人広告にバリバリ出ているので避けることができます。

 

他人に干渉しない文化があるのがマッサージ師の良いところです。

f:id:mogemilk:20180228070153j:plain

医療行為は難しいものがたくさんある。マッサージは医療行為で一番簡単

医療には難しい仕事がたくさんあります。

手術や難しい場所への注射などはとても難しく、場合によっては命が関わるので責任重大です。

そのため医師はなるのも難しく、なってからも忙しい生活を送る人が多いようです。

 

マッサージにも色々な技術があります。

難しいテクニックももちろんありますが、基本的に保険治療の患者さんは難しいテクニックを求めているわけではありません。

マッサージの効果は鎮痛作用や賦活作用(機能を高める)です。

これは普通にやっていれば結果が勝手に現れます。

また失敗のリスクも他の医療行為に比べて極端に低いです。

稀に事故が起きますが、それは無理に揉もうとしたり、指圧しようとしたりと余計なことをしているから起きるのです。

普通にマッサージしている分には事故は起きません。

 

もちろん自分がいるときに患者さんが急変したり、転んだりしてはいけないので、患者さんに注意を払わなければいけませんが、それはどこにいても普通のことです。

 

患者さんの急変時はマッサージ師はできることが何もありませんので、救急車を呼びます。

 

マッサージ師はマッサージをするだけの人なので、特別な医療的な責任は持っていないのです。

 

 

マッサージが出来さえすれば何も問題はありません。とてもラクな仕事です。

f:id:mogemilk:20181014230355j:plain

病院で働くマッサージ師もいる。病院は大変だからやめとけとな話

私の体験談になりますが、以前は病院で働いていました。

看護助手という看護師のパシリみたいな仕事をしたり、資格を取ってからリハビリ室で働いたこともあります。

 

病院には病気を持った人が来ていますので、急変を見ることがあります。

急変時はバタバタするし、精神的な動揺もするので大変です。

患者さんが目の前で倒れるということも経験したし、目の前で大量出血するとか、目の前で呼吸が止まるというのも見ました。

そんなもんできれば見ないで済む方が絶対にいいです。

 

こういう光景を見ないで済む場所は、病院の外です。

マッサージ師は病院の外で仕事ができる仕事なので、精神的にラクであるというのも私が感じるメリットです。

f:id:mogemilk:20180407092924j:plain

柔整、鍼灸は大変?マッサージ師は他の仕事に比べて一番気楽で簡単

マッサージ師の資格と一緒に持たれることが多いのが柔道整復師と鍼灸師です。

柔道整復師は骨折などの外傷治療の専門家です。国家試験の合格率が低く、資格を取るのが大変な免許です。

しかもカリキュラムの中に治療と全然関係ない(というわけじゃないんでしょうけど・・・)柔道があります。

男も女も柔道着を着て取っ組み合いをしているわけですね。

普通に授業が大変です。

 

鍼灸師も国家試験の合格率が下がっている傾向にあり、だんだん取るのが難しくなって来ました。

鍼灸学校の先生はオタクで頭の良い人が多いので、授業で何を言っているのか分かりません。

また鍼を人体に刺したり、お灸で火を扱うのは普通に怖いです。

難しいと思いました。

 

マッサージの授業は危ないことは何もないので安心です。

マッサージ自体に危ないことが何もないので・・・。

f:id:mogemilk:20180301204734j:plain

世の中で生きづらい人はマッサージ師になってみてはいかが

会社を退職する原因のナンバーワンが「人間関係」。

何位かは分かりませんが、激務というのが辛くて辞める人もいます。

マッサージ師には人間関係のこじれも、激務もありません。

穏やかな仕事です。

 

その分つまらないと感じる人がいるかもしれませんが、仕事は遊びではないのでいかに穏やかに、心を安定させて一定の収入を得るかどうかが大切だと私は思います。

 

転職が当たり前の時代になりましたが、転職自体が疲れます。

しばらくいられる、居心地のいい仕事。

それがマッサージ師の業務だと、私は感じています。

 

仕事に疲れた、働くのに疲れた、そんな方は、マッサージ師になってみてはいかがでしょうか。