ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

手に職つけた、ひとりのセラピストのブログ。意識低い系。

あん摩マッサージ指圧師と関節運動療法

マッサージ技術って色々あるんだけど、学ぶのがすごく難しい。

リラクゼーション的なマッサージの動画はすごくたくさん出回っている。

リラクゼーションのマッサージは本当に簡単だ。

リラクゼーション時代は気づかなかったけど、話にならないくらい簡単。

治療のマッサージはちょっと教わってすぐ出来るようになるもんじゃないので、本気でやるならそれこそ弟子入りとか、同じ講師のところに通わないといけないと思う。

 

でも世の中には色んな手技があって何がいいのやらさっぱり分からん。

パラメディカリストとしては

(あ、はじめてパラメディカリストなんて言ったけど自分の中では私は超中立的医療者という認識があります。マッサージ師だけどマッサージ師の味方はしないよーということ)

技術は基本が出来ていたら何でもいいのかなって思います。

基本とは、指圧なりあん摩なりの基本技術ですね。

押圧とか、軽擦とか。

基本が出来ていたらあとは適当で大丈夫っぽいです。

 

なんか流れでどうしても関節運動療法をやらねばならなくなってしまいました。

勉強してると偏見がとれて「ほーほーなるほどねえ」と思うので結構おすすめ出来そうです。

 

というのも

運動法は患者さんのニーズもあるし、治療的意義も高いあん摩術(って言っていいのかしら…)です。

西洋系の人(スポーツトレーナーとかPTとか)も取っ付きやすくて共通言語として意味があるなあーと思います。

押圧法がアルントシュルツの刺激法則で〜自律神経に反射し〜

とか

軽擦法がゲートコントロール仮説によると〜知覚神経を鎮静し〜

とか

 

 

分からんしょwww

 

やってる方も

よく分からんのにwww

 

 

でも運動法だったら

 

腰痛くて歩けない、神経学的所見なし、よって脊柱の可動域を広げる運動法を行いました!

 

って言ったら

 

 

超〜〜

分かりやすぅい〜〜!!

 

 

マッサージの理屈難しすぎなんだよ。

 

 

マッサージの請求にも変形徒手矯正ってのがある。

マッサージの2倍くらいの金額だ。

だから保険適用でマッサージするなら関節運動療法なりROMなりやらなければいけない。

治療効果にも、経営的にも、必須。

関節運動療法はその道の人に言わせると難しいのかもしれないけど理屈的には組織の連続性ファッシア(経絡)とか関節包の感覚受容器への入力とか学校で習うことで大体収まる。

それっぽいことをやれば感覚受容器への入力自体はそんなに難しくないから出来るはずだ。

でも「これが関節運動療法です!」とかって言うと頭カタイ人が怒るから自習だけにしておいた方がいいと思う。

日本のAKA関連組織がドクターにしか講習しないって言い張ってるって小耳に挟んだ(嘘かホントか分かりません)。

 

*AKA=関節運動療法

 

マッサージ師の世間的な立ち位置って前向きに見てもそんなに良くないからコソコソ勉強した方がいい。

 

 

変形徒手矯正は関節運動療法みたいなことをやっておけば間違いないと思う。

矯正って何やねん!

って思いながらマッサージすることもなくなる。

色んなモヤモヤ解消のために知っておいて損はないなーと思った。

 

 

関係ないけど訪問マッサージも会社によって色々みたいね。

バイタルチェック必須のとこと、指示のみと、危機管理意識っていうのかな?みんなそれぞれみたい。

マッサージの副作用を目にした時は危機管理についてすごく考えたけど…

マッサージ師は特にバイタルチェックしなくてもいいような気はするね。

中止判断くらいにしかならないでしょ。

訪問マッサージ入れてる患者さんは大体訪問看護も入れてるから

体調管理は看護チームに任せておけばいいような。

マッサージの中止判断なんて明瞭だし…

まあ医療によくある儀式なのかな。

 

マッサージ師っていう仕事がだんだん見えてきたんだけど、まだ言語的に説明できないんだよね。

なんというか

当たり前過ぎて人に言うまでもないというか…

医療から興味がそれてしまったからかなあ。

 

 

とりあえず

訪問マッサージ師は変形徒手矯正のために関節運動療法は知っておいた方がいいですよー

てな

お話でございましたとさ。