ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

手に職つけた、ひとりのセラピストのブログ。意識低い系。

訪問マッサージと訪問リハビリの違いとは?マッサージ師はどこまでも優しい

訪問医療には色んな物があります。

大きな機械を使わないものなら一通りあるみたい。

訪問看護、訪問歯科、訪問リハビリ、訪問マッサージ…

病院に行けない患者さんにはとても都合のいい医療サービスです。

 

その中でマッサージ師である私も違いがよく分からんなあというやつに、

訪問マッサージと訪問リハビリてなのがあります。

訪問マッサージはあん摩マッサージ指圧師がマッサージをしに行くやつ。

訪問リハビリは理学療法士が起立や歩行のトレーニングをする。

こう言うと全然違う気がするけれど、実際はマッサージの技術に運動療法というものがあるし、理学療法の一つにマッサージがあります。

どっちがメインかが法的に違うだけという変な医療サービスが、訪問マッサージと訪問リハビリなんですねえ。

 

理学療法の本場?アメリカではマッサージ師なんていう国家資格はありません。

マッサージは理学療法士がやるようです。

日本の国家資格であるあん摩マッサージ指圧師は色々事情があって今も残っています。

深い深いわけがあるのです。

だからマッサージも理学療法じゃん!と思っている色んな理学療法士をモヤモヤさせながらも、あん摩マッサージ指圧師は無くならないんですね。

 

実はモヤモヤしているのは理学療法士だけではないのです。

あん摩マッサージ指圧師の側は理学療法士がマッサージやるならあん摩マッサージ指圧師の免許取れよ!とか思っている人もいるはず。

資格の話は国の事情によるので技術的にとか臨床ではとかを話すとよく分からなくなります…。

 

 

 

だから

私が超簡単に訪問マッサージと訪問リハビリの違いを説明します。

 

 

 

 

訪問マッサージは、ゆるいです。

 

マッサージ自体が対症療法なので、何かを改善しようとか、何かを治療していこうとか、そういう医学的な意図があまりありません。

基本的には起きている不快な症状の軽減を目的にしています。

例えば痛くてつらい、痛くて歩けないなど。

 

あらゆる意味で患者さんにとって優しいので、ストイックなトレーニングは基本的にはしません。

しかし資格者の中でも訪問マッサージと訪問リハビリの境界があいまいなので、がっつりやる人もいるそうです。

 

私は医療マッサージは患者さんが楽になるためのものだと思っているので、基本的には頑張らせません。

トレーニングをやるなとは言っても、やれとは言わないようにしています。

 

筋力が下がってきたのでアップさせて欲しいという訴えもありますが、それは訪問リハビリの方が強いです。

 

 

 

訪問リハビリは、患者に結構頑張らせます。

理学療法士のリハビリはゴール設定があるので歩くために筋トレをさせるなど結構キツイこともします。

リハビリのために痛いとか、リハビリのためにつらいというのは日常茶飯事です。

 

それもこれも治るためなのだから我慢しやがれと、患者さんを激励しながら共に戦う

それがアメリカンな理学療法士です。

 

俺は違う!っていう人もいると思うけどw

 

なので精神的にタフな人とか、やる気のある人はこちら向きです。

 

 

 

まあ雑に言っちゃうと

ヌルいのがマッサージ

スパルタなのがリハビリ

って感じかな。

 

マッサージは別に治らなくていいのでどこまでもヌルくて優しいです。

一方間違えれば依存されそうなのですが、相手が高齢者なことが多く大丈夫みたいです。

 

 

高齢者のケアは患者本人と家族とケアマネで言ってることが違うことが結構あります。

患者はのんびりさせて欲しいのに家族が色んな医者にかからせたり、ケアマネがリハビリをすすめたりと

見ているとなんだかなあーって感じです。

私は外部のマッサージ師なのでほんのすこし垣間見るだけですが、状況説明するときに施設側のケアマネに「部外者のクセに」みたいな顔をされるので難しいです。

 

いや何を話したかを伝えようとしているだけですが…

 

確かに私は患者や家族や施設にとって部外者なので、何の発言権もありません。

だからマッサージはするけれど

彼らがわたわたしているのをぼーっと眺めているだけです。

私にはどうすることもできないもんねー。

マッサージと、患者さんの愚痴を聞くとかしかできないからね。

 

 

以前、資格を取る前に、無資格でできる看護助手という仕事をしたことがありました。

資格がないのでパシリみたいな仕事だったんですが、治療やケアに関してなーんにも出来ないので、ぼーっと看護師とかドクターを見ていました。

たまに心の中で笑ったり、泣いたりしながら、最後まで誰にも何も言わずに見ているだけでした。

 

今は資格を持ったから、マッサージができるようになったし、パシリをやらなくて済むようになりました。

でもマッサージができるだけってだけで…

患者さんの心の中が分かったとしても、私には何もできましぇん。

だから、ただ見ています。

傍観者。

中に入るとボロボロになることが分かったから…

私はこれくらいの距離で、傍観しながらマッサージしているくらいがいいのかな。

 

 

 

ちょっと脱線してもーた。

 

訪問マッサージは、患者さんにどこまでも優しいです。

だからたまに意味あるの?って言われます。

意味あるのかなあ…

どうでしょうね。

感謝されることがあるから、意味あるような気がするんですけれど。

意味あるなしは、あなたが決めて下さい〜って感じ。

私にはあまり関係の無い話なので…。

 

 

 

マッサージ師は、ただマッサージをするだけの人です。

それ以上でも、それ以下でもありません。

 

 

今日はこんなところで。