ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

手に職つけた、ひとりのセラピストのブログ。意識低い系。

【ひとセラ閉店のお知らせ】ブログあとがき

色々考えてやっぱりブログは閉めることにしました。

ブログだけじゃなくってTwitterとかFacebookも全部閉めます。

SNSはすでに閉じています。

アナウンスしてないけど・・・。

 

今までご愛読していただいて、本当にありがとうございました。

 

まあ理由は・・・

なんか、インターネットって便利じゃないですか。

会えない人と会えたり、知らなかった世界を見れたり。

それがどうも、余計なことだと感じています。

余計な情報を浴びて、余計な人間関係を作って、いらない心配をして、くだらないプライドが傷ついて・・・

虚栄がたくさんあって、そういうものから目を背け続けてきたんですね。

本当は分かっていたのに。

でもやっとそれを素直に認めて、

ああ、自分はバカなことやってるなあって思えたんですよ。

ブロガーやSNSやる人がバカというわけじゃないですよ。

私というスペック(脳の性能という意味で)の人間がやるのは愚かなことだなあと思ったんです。

 

いつでも

私に現実を突きつけてくれたのは患者さんでした。

患者さん以外の誰も、現実を見せてくれていなかったのかもしれない。

患者さんは良いと思ったらものすごく褒めてくれるし、嫌だと思ったらこの世を去ってしまうんですね。

私には患者さんが見せてくれる現実しか現実ではなかったんです。

 

まあそういう個人的な理由から、辞めることにしました。

 

 

最後に

どんな方が読んでくださっているかは分からんのですが

伝えたいことがあるので書いておきます。

 

 

私は日本では少数派の家庭環境で育った変わった子でした。

変わっていたので学業を満足にできなかったり

いじめられたり

苦しんだりしたんですけども

それはね、自分で選べない人生だったんですよね。

子供は自分の生まれてくるところを選べないんですよね。

自分の遺伝子も選べない。

もっと高性能の頭脳が欲しかったし、もっと器用な性格が欲しかったし・・・

もともとすんごくバカだったんですけど、努力して平均よりはちょっと上くらいまで勉強しました。

テストだけじゃなくて、仕事とか、人間性とかもね。

でも遺伝子の問題があったりしてこれ以上はちょっと・・・という限界もなんとなく見えています。

知能に遺伝子は関係ないと、証明されているらしいんですけれど

それはね、後天的な環境も影響されるからなんですよね。

生まれつきの天才だったとしても、学校にいけなかったら足し算ができないように

生まれつきのバカも、環境的な限界があるんですよ。

その中で工夫して、自分の能力を上げていっています。

頑張っています。

 

それでですね

世の中には病気の人がいますよね。

難病とか、治りにくい病気とか。

それも、自分のせいじゃないケースが多いですよね。

あと障害もそうですよね。

自分のせいじゃないんですよ。

まあ

俗っぽく言うと、運命ですかね。

 

こんな運命呪ってやるー!

みたいにイラつく時もあるんですけど、

みんなそれぞれ納得いかない運命持っていて、他人が羨ましくて

人によっては早く死んでしまいたいなーって思っちゃうんですよね。

私もなんどもそう思ったんです。

でも

変えられないものにイライラするのって不毛ですよね。

なんで私は人間なのー!猫がよかったー!

みたいなイライラと同じなわけですよ。

なんで私は貧乏なの!金持ちがよかった!

なんで私は高齢者なの!若いまま死にたかった!

なんで私は障害があるの!健康がよかった!

 

全部、それって無駄なイライラなんですよね。

 

だから

つまらないことにイライラするのはやめて

そんなことはまるっと忘れて・・・

忘れるのはまあ、難しいんですけれど・・・

なんかもっと

夕日が綺麗だなあ

とか

今日のご飯はよく炊けたなあ

とか

 

同じつまらないでも

イライラしないでなんとなくほんわか楽しい気分になるようなことを考えたら良いと思うんですよ。

 

難病の人は確かに大変です。

家族だってすごく大変。

でも病気のことばっかり考えていると、疲れるんですよ。

日本には安楽死もないし、自殺も許されないので

解決する方法がないことを考えるのは、くだらないんですよ。

 

それよりも

もっともっと

良いくだらないこと考えたら良いと思うんですよね。

 

あの人、笑顔が素敵だな

今日は天気がいいなあ

寒くなった、冬が近いな・・・

 

そういうことだけ考えていればいいと思います。

 

お前に何がわかる!

と怒る人もいると思います。

まあ私には他人の気持ちなんて分かりません。

ごめんなさい。

でも

自分なりに苦しい時の気持ちは知っているので

そんな風に

生きることが苦しみみたいに思わないで欲しいんですよ。

なんかちょっとでも、楽しいことがあったらいいじゃない。

笑う日があったらいいじゃない。

顔が動かなくて笑えないんだったら、

心の中で笑ったらいい。

 

 

何にもできなくてもね

ご飯、食べられなくても

自分で呼吸できなくても

言葉を話せなくても

ベッドから離れられなくてもね

心の中で笑えたら、いいと思うんです。

1日1秒でもいい。

ほんのちょっとでも、心の中で笑えることがあったらいいと思うんですよ。

 

 

 

私はそういう気持ちで医療職をやっています。

 

 

まあ、

なんの役に立っているかは分からないんですけどね。

 

 

 

これからは、どこかで細々と文章書きつつ

仕事しつつ

ネトゲやりつつ

酒飲んだり

チャリ乗ったり

まあみなさんの見えないところで楽しく生きております。

 

 

どうでもいいけどSNS辞めるってなんだか自殺する前の身辺整理みたいだなって思いました。

遺書とか遺言書みたいなw

ただのSNSなのに、そう感じるのは、こういう時代になったからですね。

 

 

 

医療に関しては、やり方を変えて自分なりにやっていきます。

もう発信主体みたいなことはやめて、もっとダイレクトにできることがあるので

人に言うといい人ぶりやがってみたいに思われるから誰にも言いませんが

仕事しながら一人でのんびりやっていきます。

 

どうも群れるとダメですね。

よくも悪くも周りに合わせなきゃいけないので、はかどりません。

やっぱり本当にやりたいことは一人でやったほうがいいと思います。

 

 

 

私は日本の医療を良くするというのが目標なんですけれど

私にもできる方法はあるんだなーと思いました。

まあ大したことじゃないんですけどね。

手段や規模は選べないですね。

頑張って5ミリくらい良くできたらいい方かなーと思っています笑

全長何メートルか知らないけどw

 

 

 

えーっと後は・・・

 

このブログの閉店時期なんですけれど

この間、はてなProとお名前ドットコムに延長料金払ったばっかで、ちょっともったいないなーと思っているので

いつになるかは決めていません。

今閉めないと忘れそうな気はするんですが・・・

まだ考え中です。

とりあえず更新は終了すると思います。

気が変わらなければw

 

 

私も女子の端くれなので、秋の空のような乙女心を持っています。

だから気も変わるやもしれん。

まあそん時はそん時で。

 

 

 

 

そういうわけで

2年3ヶ月、大変お世話になりました。

お元気にお過ごしくださいね〜^^w

 

では

アデュー!

 

2018年11月 めりー